阿呆で結構

阿呆でも色々と考えます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

生きたあ


久しぶりです

いやあ、とうとう1年近く育ててきたコミュが潰れてしまいまして(運営により削除)

少しテンションが落ちそうになっていましたが、新しいコミュを作り沢山のリスナーさんが帰ってきてくれて前のコミュの事は余り気にならなくなりました

19370人でレベルが102

ここまで育てるのは案外苦労もしたのだけれど自分の中でコミュレベルとかってのは金銭の問題であり無料延長だけのものなのでまた1から頑張って行きたいと思います

BAN理由は逆凸でして運営からの連絡によるとハラスメントによるための処罰らしいのですが、、、

放送を見てたリスナーさんも??って感じでして自分もどの凸なのかが全くわからない状況でした^^;


まあ原発生主に凸したのが今の所有力かなって感じですね

凸内容に関しては凸に出てもらって質問をするだけして返答を聞かずに切るみたいな流れだったと思います

BAN基準は本当に曖昧で同じような凸なんて何回もしてる訳で

書いてある時間帯を見ようと思えば運営がTS消してるしで何が何やら( ´△`)

けど運営が決めた基準の中でしてはいけないと判断されたのだから文句を言うつもりはありません

この新しくできたコミュでは今までよりも全力で頑張るつもりですのでこれからも応援お願いします

コミュが消えた時に新しいコミュを宣伝してくださった生主さん達やコミュが消えても絡んでくださる生主さん達もありがとう

そして戻ってきてくれたリスナーさんも本当にありがとうございます、多分戻ってきてくれてなかったら配信をやめてたと思います 新しいやる気を出させてくれて圧倒的感謝!!!

また、ゆっくり1から加川のリスナーとして応援お願いします。



それではまた明日かもしれないし1年後かもしれない不定期なブログですがまた見てやってください

前回の記事のコメント読ませてもらってます!いろいろな意見もありがとうございます!またよろしくです

それでは、どこぞの阿呆でした。




スポンサーサイト
  1. 2012/07/07(土) 18:32:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:13

過去も自分と言えるように


今回記事を書く事になったのは、とあるアニメ映画監督の遺書を思い出し今の自分に照らし合わせて感じた感情を書いてみたくなったからです

その監督さんは病院で検査した時には末期の癌で余命宣告がとても短い期間でした

きっと今の自分ならその時にどうなってるかわかりません

泣くでしょう

なんとかならないかと医者に突っかかるでしょう

そして家族に当たるでしょう


きっと自分を保つ事すら難しいと思います

しかしその監督は自分の周りの人間の事を考え、自分の生き方を貫いていかれるのです

この自分らしい生き方ってのが本当に難しくて

僕も自由に生きてるから何があっても仕方無いなんて事を言っておきながら結局は死に覿面してないから言えるだけなのだと思います

だから僕は思う


自分がもし余命1日だと言われても今の自分で有り続けれるように生きていきたい

遺書すらも残さなくて良いように周りの人間にはこれでもかとティロ・フィナーレ加川って人間をわかってもらえる生き方をしたい

とても難しくその場にならないとわからない事だとは思います

だけど心がけて生きたい、余命1日に遣り残した事をしなくて良いように


大半の人間は今まで生きてきた人生なんてのは後悔をする事ための間違い探しでしかないと思う

だからこそ余命宣告をされたその日から自分の人生を生きようとする人も多い


やり残した事 自分探し 人への感謝

そういったものを人はその期間に終わらせようとする 探したりする


僕はそうはなりたくない その日までを自分とし その日からも自分でありたい

だからそう生きれるようにこれからも頑張ろうと思います


以前ツイッターにも書きましたが



人間とは生きてる価値を評価するのでは無く生きてきた価値を評価されるものなのだ



だからこれからも自分で生きて行こうと思います

自分をその時になって探さなくて良いように

自分の価値を自分で落とさなくて良いように、、、



それではまた明日かもしれないし1年後かもしれない不定期なブログですがまた見てやってください

前回の記事のコメント読ませてもらってます!いろいろな意見もありがとうございます!またよろしくです

それでは、どこぞの阿呆でした。










 

  1. 2012/06/19(火) 22:20:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

やる気>金>>>世間の目

今回の気になった事は大人としての考えって事について書こうと思います

大人としての考えってのは少し範囲が広すぎるので今回は子供を作る時の話を書こう


さて、インターネットの中だけじゃなく一般的な私生活においても身近な人が凄い若さで妊娠をさせたり

仕事もしてないのに妊娠をさせたなんて事はよくある訳です


未成年の場合はそれらを見たときに若いから仕方ないね、ですむ事かもしれませんが

成人してからそんな事をすると凄く評価を下げて見られる訳です

その大半の理由が【責任感が無い】この理由ではないでしょうか


確かに大人になって仕事もせずに子供を作ってしまうって事は後先を考えず大人として情けない人間だととられても仕方ないのかもしれません

が、しかし 僕は自分の周りにそこまで責任を持って行動をしてる人間なんて見た事が無いのです

仕事をしてれば責任感があるのでしょうか?

それは違うと思います、今はどんな仕事をしたってクビになったり安定なんてとてもじゃないが無いと思う訳ですよ

そこまで責任感ってのを表に出すのであれば自分が死んだとしても子供が成人するまでのお金を溜めててようやく責任感が強く後先を考えて子作りをしてるといえるのでは無いでしょうか


子供が出来てから仕事を探してるようでは子供が出来た時に仕事があるかわからないじゃないか!とかって事なんでしょうか?

実際仕事してても子供できてからクビになったらなんらかわりませんよ

貯金がいくらあれば世間で認められるのでしょうか?


時代に合わせて考え方を変えていかないとおかしな事になってくると思うんですよね

昔なら確かにある程度の会社につけばある程度の生活が約束されたでしょう

けど今はそんな約束はありません、だから僕は思うのです

なんらかがきっかけでその当人が今までやりたくなかった仕事を我慢してするようになった

その理由が子供ができたからでもいいと思う訳です、ニートが子供を作る、子供ができたから頑張って働く

それの何が悪いのかわかりません


しかし、だからといって子供がもしできた時に頑張れないとわかってる人間が子供を作るのが良いといってる訳ではないです

子供ができた→頑張って働く この流れを作って頑張ろうとしてる人間を叩いたりする風習が僕は見てておかしいと思うだけなのです


考えてください、仕事をしてない状況でお金も無い そんな状況で子供ができるってのは無理やりじゃない限りお互いが合意してるのですからそこの男女間の間にはなんら問題の無い事なのです


子供が生まれてすぐ両親が子供を捨てる 子供を殺す

なんて事は僕の言う頑張ろうとしない人間なだけであってお金が無い状況から子供ができても頑張って育ててる人を何人も見てきています

古臭い考えってのが本当に嫌いで何でも昔から定義付けされてるような当たり前って言われてる事を少し考えると、今の時代には合ってないなって思う事が沢山あります

問題は昔も今も変わらないのは本人のやる気次第なのです

結局3行でまとめると

言いたい事は金が無いからって子供を作るなとか作っちゃ駄目とかじゃなくて
子供を育てる勇気が無いのであれば作るなって事と
頑張ろうとしてる人間を叩くのはおかしいって事 以上。(最初からこれでいいやん)




なんにしても今の世の中はお堅い考えじゃ正直生きるだけ苦痛になってしまうからある程度ちゃらんぽらんでいいんじゃないですかね


それではまた明日かもしれないし1年後かもしれない不定期なブログですがまた見てやってください

前回の記事に沢山のコメントありがとうございました全てみさせて頂いておりますのでこれからもよろしくお願いします!

それでは、どこぞの阿呆でした。




  1. 2012/06/11(月) 17:04:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

今のネットの現状に少し嫌気

最近のネットってのは非常に考えさせられる事が多い

様々な事ができるようになり、昔みたいにネットってのは世間に馴染めない人間が多くいる場所では無くなってきた

というよりはゲームをする大人やアニメを見る大人というのが昔みたいに人に話しても恥ずかしいという概念が無くなったのも1つの大きな原因であろう

この現状はネットやアニメを好きだった自分としてはとても嬉しい事であり私生活においてもアニメや漫画、そういった物を店で手にするのが抵抗が無くなってきてるのは非常に嬉しい

しかしその反面悲しい事のが多い

やはりネットってのはアングラな世界でよかったと常々に思う訳である

今の十代の子達はインターネットってのは物凄く情報源として活用してると思います

我々の世代ではネットの情報ってのは今の今でも正直素直にそうだねとは信じきれない所がある方が多いのでは無いでしょうか


ネットでの犯罪ってのが多く見つかりだした我々の世代

余りネットってのを信用しちゃいけないと、どこか心の奥にあるのではないでしょうか?

だからこそネットでの書き込みや誹謗中傷ってのは無視できたしあまり気にならなかったのです


それが今のこのネット社会においてネットでの情報というのはとても重要視されていて今や国会議員までもがその情報を見て動く時代です

それが悪い事なのか、悪い事では当然なくてとても良い事なのだ

しかし、その情報をネットだけで止める人間があまりに多すぎるのが問題である


事件が起きた時にネットで炎上する→相手が嘘をつく→ネットで嘘を追及→相手が謝罪


この流れだけなら問題ない、しかし今までにこの流れだけでは無い事はネットをやってる人間からしたら誰でも理解してる事だとは思うが


事件が起きたとネットで盛り上げる→本人否定→ネットで煽る(逃げただのおかしいだの)→間違いだと報道される→ネット民謝罪←ここ! このネット民謝罪なんて事は全くない所がおかしいのである

批判をして盛り上がってる時にはどんどんコメントで炎上させる、しかし間違いだとわかれば相手がいくら傷ついていても知らんぷり

このネットでの状況をネット民に聞くと返ってくる答えはこうである

・ネットを信用するなよwww
・ネットにモラルなんて求めるなよwww
・所詮ネットでの情報だからなあwww
・嘘をついてるに決まってる

などなど、自分達の非を認める人はどれくらいいるでしょうか?全くいない訳じゃないのはわかるし当然それによって反省をしてる人間はいるでしょう

けども今のネットを見るととにかく人を潰したいとの願望のために詳しい内容を知らずタイトルのみを鵜呑みにして書き込みをして誤報を広めてる人間が多く見れる


完全匿名、それがネットでの最良の部分であり最大の癌である事は昔からわかっている事である

しかし時が経ち、今の現状はその匿名を使って人を傷つける事だけを楽しんでる人間がいる

ネットでのモラルなんて必要ないと思うけれどそれは不特定多数の人間に対して発言する時であり

個人を特定できる状況で傷つけたりする事はなんら現実と変わりなく自分が相手に誰かを知られていないって現状なだけなのです


少しづつ何かが変わっていけばもっとネットって場所は心地よい場所になるのだろうと思います


まだまだ書き足りないけれどブログが続かない事で定評がある自分ですのでこれくらいにしておきましょう

数ヶ月に1回か数年に1回の書き込みかもしれませんが今後はここでしか書き込みはしませんので暇な時はまた覗いてやってくだせぇ


それでは、どこぞの阿呆でした










  1. 2012/06/05(火) 00:54:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13

来場者数

プロフィール

ティロ・フィナーレ加川

Author:ティロ・フィナーレ加川
主にここで色々とさせてもらってます。 http://com.nicovideo.jp/community/co1381575

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。